従来の乳酸菌とは、まったく異なるペディオコッカス菌

ペディオコッカス製品は、生きたまま腸まで届くことが確認されている天然成分のからだにやさしい製品です。

p1 p2
<ペディオコッカス・アシディラクティシ> <サッカロミセス・ボウラディ>

 一般的にプロバイオティクスとして知られている乳酸菌やビフィズス菌は温度や酸素の影響を受けるため、室温環境や、容器の開け閉めなどで酸素に触れる環境で、生きたまま長く生存するのは難しく、更に胃酸などの厳しい環境で生き抜くことは難しいと言われています。従来の乳酸菌と比べ、ペディオコッカス菌 (ペディオコッカス・アシディラクティシ)は温度に強く、常温で保管した場合でも2年間以上、80℃でも1週間以上生存できます。酸素による影響もそれほど受けないため、ふたの開け閉めも問題になりません。更にペディオコッカス菌は、pH2.0以下の環境でも生存する能力を持っており、腸まで生きたまま到達することができます。

ペディオコッカス菌の特徴
生きたまま腸まで届きます 室温, 酸素, 酸性環境への抵抗性があります
<ペディオコッカス菌の胃酸に対する生存性を確認する実験 – メリーランド州フットカレッジによる調査>
pH6.2 pH2.0 pH1.5
従来の乳酸菌 schale左上 schale中上 schale右上

ペディオコッカス菌

 

schale左下 schale中下 schale右下